泉州産タオルも有名

先程は2大生産地の一つ今治産タオルについて簡単に解説しました。今回はもう一つの生産地である泉州産タオルについて簡単にご説明します。

2大生産地の一つ泉州タオル
繊維産業が盛んな地域として泉州(せんしゅう)地域が有名ですが、その中でも特に南部の泉南地域・泉佐野を中心にタオル生産が行われてきました。大阪にある泉州地区ですが、こちらも日本のタオル発祥の地とされ、今治に負けず劣らず高品質なタオルを生産することで有名です。

泉州産タオルの特徴は製織後に精錬漂白をするという後晒(あとざらし)タオルがメインになります。吸水性に優れ、独特なソフトな風合いが特徴的です。
今治産のタオルとの違いですが、吸水性は泉州産タオルの方が今治産タオルより優れていると言われています。さらにですが、この泉州産タオル、製作の過程でほとんど薬品を使用しないということです。一般的に流通しているものに比べて安心・安全に使うことができます。こちらも今治産タオルと同様、JAPANブランド育成支援事業の認定を受けているということです。

今治産タオル、泉州産タオル。この2大生産地のバスタオルは吸水性・ふわふわの肌触り、どちらも抜群でプレゼントにも最適なバスタオルになりえます。
プレゼントの際には無料の名入れや送料無料を売りにしているオンラインショップもたくさんあるので、色んなお店をみて決める方が良いでしょう。
タオルをプレゼントする際は「高品質」がポイントになります。この2つの生産地のものを選べば間違いありません。

TOP